二の腕に赤っぽい、もしくは茶色っぽいブツブツがあったら、それは毛孔性苔癬です。これは、「もうこうせいたいせん」と読みます。

 

半袖やノースリーブを着る季節には、腕があらわになるので、気になる方も多いことでしょう。毛孔性苔癬は、遺伝性の皮膚疾患。思春期の頃に現れ始め、年齢を重ねるごとに消えていくことが多いそうです。

 

でも、思春期の頃からといえば、一番自分の見た目が気になる頃ですよね。

治すことができれば、春夏のおしゃれをより楽しめるかも…。

 

そんな毛孔性苔癬に効果を発揮するのがジュエルレインです。

 

ジュエルレインは、背中のニキビケアによいとされる商品です。

ところで、顔にできるニキビと、体にできるニキビの違い、ご存じですか?

顔にできるニキビの原因は、毛穴に汚れや皮脂がたまり、炎症がおこること。でも、体にできるニキビは、皮膚の乾燥が原因になることが多いのです。

 

ジュエルレインの大きな特徴は、とにかく肌を保湿してくれること。

毛孔性苔癬のケアとしていわれることは、肌に潤いを与えることですから、ジュエルレインが効果を発揮するのは、ここに理由があるのです。

 

使い方はいたって簡単。

1日2回、ジュエルレインを手にとって、毛孔性苔癬が気になる部分に塗るだけ。

次第に、気になっていた毛孔性苔癬の赤や茶色のブツブツの色が薄まっていくことが期待できます。

 

ただし、先ほどもお伝えしましたが、顔のニキビと体のニキビの原因は異なるため、ジュエルレインを顔に使用する場合は、自分の顔のニキビの原因を把握してから使用することが重要です。その代わり、二の腕のみならず、背中のニキビが気になる方は、ジュエルレインをそちらも一緒に塗ってみるのはOKです。

 

無添加クリームのジュエルレインですから、安心して全身ツルツル、自慢の肌になれることでしょう。肌を露出する季節に向けて、今からジュエルレインで、背中のニキビも、毛孔性苔癬もケアしちゃいましょう♪


 
▼ 公式サイトはこちら ▼
カテゴリー : 毛孔性苔癬とジュエルレイン